静かな古都の雰囲気に浸れるホテル【The Chiang Mai Old Town Hotel】~チェンマイ旅行記⑪~

チェンマイ
スポンサーリンク

チェンマイ旅行記第11弾、今回でラストになります。長い間お付き合いいただきありがとうございました。

最後は泊まったホテルについてです。

今回は、チェンマイ旧市街内・西側にある【The Chiang Mai Old Town Hotel(チェンマイオールドタウンホテル)】に宿泊しました。

こちらは2019年にオープンしたばかりの新しいホテルです。

あまり事前情報はなく予約したのですが、行ってみたら最高に居心地の良いホテルだったのでご紹介したいと思います。

 

\The Chiang Mai Old Town Hotelのホテル情報をチェック!/

agodaで予約する   Expediaで予約する

スポンサーリンク

 

【The Chiang Mai Old Town Hotel】の場所

「The Chiang Mai Old Town Hotel(チェンマイオールドタウンホテル)」は、旧市街の西側にあります。

旧市街西側のゲート、スアンドーク門からは徒歩5分ほどの場所にあります。

地図はこちら。

旧市街内だとソンテウも捕まえやすいので移動が便利。近くにはレストランやカフェ、コンビニもあるので食事や買い物には困りません。

ターペー門からは歩いて20分ほどかかりますが、サンデーナイトマーケットを見ながら歩いて帰ったら飽きることなく帰ることができました。

細い木を組み合わせたような外観がとてもオシャレ。低層ホテルでこじんまりとしているので、宿泊客だらけで騒がしいこともなく静かで落ち着いた雰囲気です。

 

共用スペースの雰囲気

まず、入り口から入ると左手にチェックイン専用の建物があります。入り口付近には常にスタッフの方がいて、到着したのを見つけると案内してくれます。

チェックイン棟はちょっとした休憩スペースにもなっています。

チェックイン待ちの間、コーヒーや紅茶などのドリンクやクッキーがサービスで頂けました。ペットボトルのお水も無料(しかも冷蔵庫で冷えている…!)で貰えてありがたかったです。

冷房が効いていて快適な部屋なので、出発前にゆっくりとここでプランを立てたり、街歩きした後に戻ってきて休憩するのにも使えます。

トイレもあるので、わざわざ部屋まで戻らなくてもサクッとここでトイレを済ませることができるのも助かります。

 

プールはチェックイン棟の横にあります。

このスペースだけなのでちょっと狭いのと、宿泊者が通る通路の脇にあるので目立ちやすいのがちょっと難点。実際、泳いでいる人はちらほら見かける程度でした。

プール横にはスパ、スポーツジムもあります。

 

ちなみにこのホテル、夜には美しくライトアップされます。夜も雰囲気があってとても素敵でした。

プールもライトアップされて大人な雰囲気に。夜に泳ぐのも気持ちよさそうです。

ホテル内にはレストランがあります。屋内はもちろんのこと、屋外で食べることもできます。

こちらのレストランは最終日の夜に行きましたが、5つ星ホテルのレストランの割にはリーズナブルな価格でした。宿泊客以外も利用することができるので、近場にお泊まりの方にもオススメです。

土日の夜にはアーティストの方が来られていて、生演奏を聴きながら食事をすることができるようでした。

全体的に薄暗くて大人っぽい雰囲気なので、どちらかというとファミリーよりもカップルやご夫婦など大人向けな感じかも。

 

実際に宿泊して感じた良かった点

①モダンな内装で落ち着いた雰囲気

まず1番は、部屋の内装がとても気に入りました!

内装が好みすぎて、スタッフさんが部屋まで案内してくれてドアを開けた瞬間、わ~~と声をあげてしまったくらい(笑)

このブラウンや薄いグレーで統一された内装。木目の雰囲気も落ち着きます。

宿泊したのはデラックスキングタイプのお部屋。面積は40㎡ほどですが、部屋の天井が高く無駄なものがないので、実際はもっと広く感じます。

ソファもクッションもふわふわで、座り心地最高でした。

トイレとシャワールームはこちら。広くて快適でした。

 

②部屋でくつろぐ為の設備が充実している

まず、部屋に入った瞬間に驚いたのが素敵なカフェミュージックが流れていたこと…!

テレビでYouTubeが流れていたんですね。

 

こんなの見つけてしまったらホテルステイが捗ります(笑)

夜は好きなYouTubeを見まくり、時間を忘れるほど楽しむことができました。

意外と、ホテルの部屋に戻った後ってどう過ごしたら良いか分からなくなったりするんですよね…(私だけ?)

テレビも海外の番組でちんぷんかんぷん、することもなくなって早々に寝たりすることもあるので、このサービスはありがたかったです。笑

ちなみにテレビがネットに接続されているので、Netflixを見ることもできます。(もちろんネトフリ会員でないと見れませんが…)

その他、ネスプレッソやBluetoothオーディオ等十分すぎるほど設備が充実していました◎

個人的に驚いたのは、スマホを置くだけで充電できる機械が用意されていたこと。

充電スピードはちょっと遅めに感じましたが、万が一充電器を忘れても安心!

 

③ルームサービスの価格が意外と安価

夕食を食べて部屋に戻ってきてホッとひと息。

さて、お酒でも飲むか~となって、コンビニでお酒を買い忘れた!と気付く時ありますよね。

それならホテルのルームサービスにするか…と値段をチェックしてみると、あまりの市場価格との差に驚くことが多々あります。そしてそのままそっと戻したり…(笑)

 

こちらのホテルは、ルームバーの価格が市場価格の2倍ほど(例えば20バーツのポテトチップスが40バーツほど)と、ホテルにしてはリーズナブルな価格でした。(ホテルにしては、です!)

私たちは最初飲む予定ではなかったのですが後からお酒が欲しくなり、ビール2本とポテトチップス1個を購入しました。

もちろんあらかじめコンビニで買っておく方が安いですが、万が一買い忘れてもこれくらいなら利用しても良いかな、と思える値段でした◎

 

④空港から近い

チェンマイオールドタウンホテルからチェンマイ国際空港までは車で約8分

空港からの立地が良いので、ギリギリまでホテルでゆっくりすることができます。

ホテルスタッフに頼めば格安で空港に連れて行ってもらうこともできます。

 

今ひとつだと感じた点

①部屋の基本装備は浴槽なし

今回泊まった1番スタンダードなデラックスキングタイプのお部屋には浴槽がついていませんでした。

普段そんなに重要視しているわけではないのですが、ないとちょっぴり残念に感じてしまうところ…

ただ、後から調べて分かったのですが「バスタブ付きの部屋」を予約時に選択することはできました…!(ただの私の調査不足でした。笑)

絶対必要という方はあらかじめそのお部屋を選んでおくと良いかと思います。(値段は700~1000バーツほど上がります)

ちなみに、もっと値段が高いスイートルームなどもバスタブなしのお部屋になるので注意してください。バスタブありのお部屋は「デラックスタイプ・バスタブ付き」と書かれたお部屋のみになります。

 

②ホテル名があまり知られておらず、ソンテウやタクシーの運転手さんに説明しづらい

ソンテウに乗ってホテルに帰る時、ソンテウのおじさんにホテル名を伝えてもなかなか分かってもらえなかったのが難点でした。

オールドタウンという名前なので旧市街という意味かと思ってターペー門に連れて行かれたり、どこ??って聞かれたりすることが多々…(笑)

まだ新しいホテルだからかもしれませんが、乗り込む前にGoogleマップ等で場所を見せると良いと思います。

土地勘のある運転手さんばかりなのでマップを見せれば分かってもらえると思います。

 

まとめ

今ひとつだった点も挙げましたが、4日間本当に居心地がよくて、スタッフさんの対応も優しく、個人的には「当たり」なホテルでした!

まだ新しく、設備も綺麗なので快適に過ごすことができると思います。

静かに過ごしたい人、立地のよさを求めている人にはオススメのホテルです。

 

\The Chiang Mai Old Town Hotelのホテル情報をチェック!/

agodaで予約する   Expediaで予約する

ホテル情報

住所184 Ratchamanka Rd, Tambon Phra Sing, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50200
電話番号053-278-780
ホームページホームページ
主要箇所からのアクセスチェンマイ国際空港より車で約8分・ターペー門より車で約5分、徒歩約22分

 

ブログランキングに参加しております。

以下のボタンをポチッと押していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました