北タイ料理ゲーンハンレーを食す【フアンペン】~チェンマイ旅行記④~

チェンマイ
スポンサーリンク

チェンマイに行ったら食べてみたかったタイ料理・ゲーンハンレー

ゲーンハンレーとは豚の塊肉、ショウガ、レモングラスなどが入った北タイ名物のカレーのことです。

いわゆるグリーンカレーやレッドカレーなどとは違って辛くない、むしろ甘さを感じるような味付けが特徴です。

バンコクではあまり見かけることがないのでチェンマイに行ったら必ず食べに行こうと思っていました。

 

そんな私が行ったのは「フアンペン」という旧市街内にあるお店。

こちらカオソーイが人気のお店ですが、ゲーンハンレーもとても美味しかったです。

スポンサーリンク

 

【フアンペン】の場所・行き方

「フアンペン」はチェンマイ旧市街の中心にほど近い場所にあります。

旧市街にあるターペー門、反対側にあるスアンドーク門からはそれぞれ徒歩約14分ほどです。地図はこちら。

 

店内の雰囲気

私たちは夜に行ったのですが残念ながらカオソーイの提供は昼のみとのこと。(知らずに行ったのでショック!)

それでもお店の外には待っている組が4組ほどいて夕食でも人気があるお店のようでした。

ただよく見ると座席は空いているのに待たされているような…?店員さんが忙しくて入店対応がうまくできていないのかなという印象でした。

店内に入ると思ったより奥まであって席数が多いことに驚かされます。壁や棚にはタイらしい民芸品などが飾られていて雰囲気もあるお店でした。

 

ちなみに私たちが座った席はこんな感じです。

お店を出る直前に撮ったので人がいないですが、他の席も満席で賑わっていました。

部屋がいくつもあるので、あまり奥の方に通されると店員さんを呼びにくそうな感じがしました。タイミングを逃さず呼ぶスキルが求められます。(おゆの苦手分野…笑)

 

頼んだもの

残念ながらカオソーイはないですが、食べたかったゲーンハンレーは食べれる…!ということでもちろん注文。

その他適当に気になったメニューを頼んでみました。

 

まずはお待ちかねのゲーンハンレー!

見た目はマッサマンカレーのような?レッドとイエローの間のような色をしています。早速食べてみると…

 

お、美味しい!!

大きめの豚肉が入っているのでなかなかボリューミー。レモングラスが入っているからか少しさっぱりしています。辛さもほとんどなく、旨味が詰まっているカレーでとても気に入りました!

お次は定番カオパットクン。思ったより小ぶりでしたが普通に美味しかったです。

メニュー名を失念(‘∀’;)砂糖の入っていないパッタイみたいな感じでこちらも美味しかったです。

まだちょっとお腹が物足りなくて追加したメニュー。鶏肉とニンニクの芽が甘辛いソースで和えられていて◎!

 

まとめ

昼はカオソーイ店、夜は北タイ料理を食べれるお店ということでどの時間帯でも楽しめるお店でした。

旧市街内にあり立地もよいお店なのでどこに食べに行くか困ったらオススメです。

ちなみにどのメニューも値段はリーズナブルですがサイズも小さめ。たくさん食べるという方は多めに注文した方が良さそうです。

個人的にはゲーンハンレーが大ヒットしたので今バンコクで食べられるお店を探し中です(笑)

 

店舗情報

住所112 Ratchamanka Rd. Phrasing,Muang Chiang Mai,50200
営業時間8:30~16:00、17:00~22:00
電話番号053-814-548
ホームページ・SNSFacebook

 

ブログランキングに参加しております。

以下のボタンをポチッと押していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました