【タラートノイ地区】ノスタルジックなウォールアートの通りをプチ散歩

タイ観光
スポンサーリンク

前回ご紹介した、「A Coffee Roaster by li-bra-ry」でお茶をした後、そこからタラートノイ地区が近いということでサクッと見に行ってみることにしました。

タラートノイは町工場がある古くから中華系タイ人が住んでいる地区ですが、街のあちこちにウォールアートが描かれており、最近では街歩きスポットとしても人気がある場所です。

行ってみたらノスタルジックな魅力があってワクワクするようなとても素敵な場所でした!

 

スポンサーリンク

 

タラートノイへの行き方(電車)

電車を使ってタラートノイへ行くには以下の方法がオススメです。

①MRTフワランポーン駅から行く(徒歩約10分)
②MRTワットマンコン駅から行く(徒歩約13分)

ワットマンコン駅近くにはバンコクの中華街・ヤワラートがあるので、ヤワラートでの観光や食事ついでに探索するのもオススメです。

 

ポルトガル大使館からスタート

電車で直接タラートノイへ行く方法は前述の通りですが、今回私はWarehouse30内にあるカフェからタラートノイへ向かった為、Warehouse30の裏にある「ポルトガル大使館」からスタートしました。

ポルトガル大使館から出発し最後はフアランポーン駅へ戻ってくる、というルートでご紹介していきたいと思います。

大使館があるのはこのあたり。隣にはチャオプラヤー川を見下ろす老舗ホテル「ロイヤルオーキッドシェラトンホテル」もあり、このあたりは全体的に閑静な通りとなっています。

ポルトガル大使館の壁には早速1つ目のウォールアートが!

こちらはポルトガル人のアーティストの作品だそうです。絵のように見えますが壁にペイントされたものではなく、壁をさまざまな深さで削って濃淡を出すという方法で描かれたもの!近くで見てみるとその技術に圧倒されます。

 

ポルトガル大使館からロイヤルオーキッドシェラトンを通り過ぎると、川沿いの教会「ホーリーロザリー教会(Holy Rosary Church)」が見えてきます。

西洋風の教会のすぐ側にはローカルな屋台街が広がっています。

西洋と東南アジアの雰囲気が共存していて、不思議な魅力を醸し出している場所です。

 

そのまま屋台街の中をまっすぐ進んでいくとこれまた不思議なオブジェがありました。

空に昇っていく竜のようなアート作品です。近くでよく見ると、スプーンや鍋などの調理器具で作られていました。

 

タラートノイ地区のウォールアート

竜のオブジェを通り過ぎ、そのまままっすぐ進んでいくとだんだんと町工場や中華風の家が現れてきます。

このあたりは雰囲気があって撮影が楽しいエリアです。

この通りを入っていくと、部品がうず高く積まれた工場が集まっているエリアが!

一見廃品のようにも見えますが、多分違うのかな…?かなり異質な雰囲気を持つエリアです。

 

また、このあたりからはウォールアートがたくさん登場してきます。

こちらは壁と電信柱にまたがって描かれたもの。ちょっと立体感があって面白いですね。

こんなにカラフルで巨大なウォールアートもあります。

トンネルのような通りにさまざまなウォールアートが描かれていました。このあたりはフォトスポットになっているようで、若い女の子たちが写真を撮り合っていました。

こちらの絵はなんだか中華っぽさがありますね。

上の写真は個人的に今回の探索で最も心を掴まれた景色!このノスタルジックな雰囲気がたまりませんでした。奥にはどんな景色が広がっているのかな、と想像するとワクワクしてきます。

実際にお店や居宅として機能している建物も多く、生活感があるのもまたいいです。

こんなポップなアートも。LENさんという方のお家なのかな?表札代わりみたいで可愛いです。

コンクリートでできた小さなベンチにもイラストが描かれていました。

猫ちゃんがのんびりお昼寝していました。

 

まとめ

ものすごいスピードで発展していく都会のバンコクですが、こういった異国情緒あふれる風景もまだまだ残っているんですね。バンコクの知らない一面に触れられた気がします!

 

今回はちょこっと散歩してみただけだったので、ここで紹介しているアートはおそらくほんの一部です。

調べたところによると、ここに載せたもの以外にもまだまだたくさんのウォールアートがあるようなのでぜひ実際に目で見て探索してみてください。

おゆ
おゆ

今度はカメラを持ってゆっくり散歩してみたいなあ。

ウォールアートがあるエリアからほど近い場所にある70歳のおばあちゃんバリスタがいるカフェ、「Mother Roaster」にも行ってきました。

ここも本当にオススメのカフェになりますので、よろしければこちらの記事もご覧ください。

 

 

ブログランキングに参加しています。

以下のボタンをポチッと押していただけると更新の励みになります!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました